かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

経過利子(けいかりし)

経過利息利付債(利子が支払われる債券のこと。以下「債券」という)を途中で売買する場合、買い手と売り手の双方が債券を保有する期間に応じた利子を得るために、買い手が売り手に対して支払う利子のこと。買い手は売り手に対して前回の利払日(債券の発行体から売り手に対して利子が支払われた日)から受渡日(買い手に債券を受け渡す日)までの経過日数に対する利子を支払う。公社債税制の抜本的な見直しが行なわれることになり、経過利子から源泉税相当額が差し引かれることになった。国債など債券の利払いは6カ月に1度のケースが大半です。ところが、債券を売買している投資家は、利払い日に購入せず、例えば利払い日を2カ月過ぎたところで購入するケースもあります。すると、4カ月後の利払い時には6カ月分の利子を受け取ることになり、逆に売った側は2カ月間保有したにもかかわらず、利子を受け取れないということになります。それを調整するために設けられているのが経過利子です。経過利子では債券の買い手が、売り手に対して調整した利子を支払うことになります。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング