かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

景気動向指数(けいきどうこうしすう)

景気が上向きであるか、下向きであるかを判定するための指標で、内閣府が毎月発表する。景気の影響を受けやすい28の指標について、3ヶ月前と比較して増加していればプラス、減少していればマイナスとする。全体でプラスの指標が50%以上あれば景気は上向き、50%以下であれば景気は下向きと判断する。景気動向指数は、前月に比べて低下し、景気が足踏みしているとの認識を新たにした。景気動向指数はDIとCIがあり、かつてはDI(ディフュージョン・インデックス)を中心に公表されていました。このDIが50%を上回っていれば、景気の認識は「良い」ということになりますが、仮に50%が60%になったとしてもそれは景気の勢いが高まったということにはつながらず、あくまでも景気回復の認識が広まったという程度の受け止められ方になります。また2008年以降は、景気変動の大きさやテンポを示すためにCI(コンポジット・インデックス)という指数が算出され、現在はCIを中心に公表されています。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング