かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

日銀短観(にちぎんたんかん)

日本銀行が実施している「企業短期経済観測調査」の略。日本銀行が四半期(3、6、9、12月)ごとに、全国約1万社弱の企業の経営者を対象に景気の現状や先行きの見通しについてアンケート調査を行ない、その回答を集計するもの。経済指標の中でも注目度の高いものの一つ。日銀短観で景況感の大幅改善が確認されたので、海外の機関投資家が金融をはじめとする景気敏感株の買いを強めてくるだろう。日銀短観の仕組みはシンプルで、企業経営者に景況感の「良い」「悪い」や設備投資を「増やす」か「減らす」などを尋ねるものです。大企業・製造業の景況感が特に重要指標とみなされ、株式や為替、債券など各市場に大きな影響を与えます。一般に大企業・製造業から景況感が改善し、中小零細まで改善が広がれば景気回復は本物と評価されます。想定為替レートや設備投資計画も企業業績や景気を占う指標として重視されます。日銀短観はサンプル数が約1万と多いだけでなく、回収率がほぼ100%と高く、調査形式も変わらないため、信頼性の高い経済統計とされています。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング