かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

純資産総額(じゅんしさんそうがく)

投資信託において信託財産に属している有価証券(時価)に、受取利子、配当などを加算した資産総額から、未払収益分配金、未払報酬などの負債総額を差し引いた正味財産のこと。国内公募投資信託の純資産総額が過去最高額を更新した。投資信託の純資産総額は、組入資産の時価総額であり、投資信託の規模を示しています。純資産総額が小さい投資信託は、十分な分散投資ができないなど運用難に陥る恐れがあるのと同時に、投資信託会社にとっては十分な運用管理費用が得られないことから、赤字要因になります。ただし純資産総額が大きければ良いというものでもありません。投資対象にもよりますが、例えば小型株中心にポートフォリオを構築する投資信託に多額の資金が集まると、今度は組み入れる株式を買ったり、解約資金を作るために売却したりする際、投資信託の売買が株価を動かしてしまうリスクが高まります。つまり投資先のマーケット規模に合わない投資信託も、また運用難に陥る恐れがあるのです。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング