かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

5パーセントルール

株券等の大量保有の状況等に関する開示制度上場している対象有価証券を、発行済み株式の5%を超えて保有する者(大量保有者)は、大量保有者となった日から5日以内に大量保有報告書を内閣総理大臣に提出しなければならないことが定められている。大量保有報告書には、「保有株券などの数」「保有目的」などを記載する。対象有価証券には、上場会社の発行する株券(議決権のない株券は含まない)などが定められている。大量保有報告書自体は内閣総理大臣に提出することになっているが、その他に発行会社(その株券などを発行している会社)や証券取引所などに報告書の写しを送付しなければならない。証券取引所などは、送付された書類を5年間公衆の縦覧に供することとなっている。用語の使用例5パーセントルールで、世界的に知られる年金ファンドが大株主に登場したことが判明、保有比率は8%に達している。もっと知りたい!5パーセントルールで大株主の保有株比率の増減、新規大株主の登場がわかります。「誰がどのような目的で保有しているか」がポイントとなりますが、親企業や同一グループ企業が出現した場合は「政策投資」や「支配権の取得」が主要目的となります。個人投資家が注目すべきは、投資運用を専門とする国内外のファンドによる新規保有や保有比率の増減です。「純投資」が目的となり、彼らは企業をよくよく調べてから買ってきますし、目的を達成すれば売ってしまいますので、保有銘柄選びの参考になるでしょう。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング