かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

配当落ち(はいとうおち)

配当を受ける権利が確定した翌営業日のこと。理論上、1株当たりの配当金分だけ株価が値下がりすることをいう。配当の権利落ち日は売り物が多かったが、すぐに買われ、終値では配当落ち分を埋めて値上がりする銘柄のほうが多かった。3月期決算企業では、3月末から数えて3営業日前が配当の権利確定日。3月31日が金曜日なら、火曜日の28日の大引け時点で株主になっていれば、期末株主として配当を受け取ることができます。株主優待の対象になったり、株主総会への出席資格を得られたりもします。そして29日には配当を受け取る権利がなくなり、配当金の分だけ株価が値下がりします。これを権利落ちといいます。予想配当金が50円なら、3月29日に買うと配当金50円をもらえないので、株価が50円下がるわけです。ただ、実際には配当の権利落ちで50円下落するはずが、値下がりしないこともあります。「配当落ちを埋める」といい、投資家の人気の強さを示すと考えられます。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング