かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

パッシブ運用(パッシブうんよう)

市場の平均的な値動きと連動することを目標とした運用方法のこと。日経平均連動型ETFは代表的なパッシブ運用商品だ。日経平均株価が1%上がるとETFも連動して1%上がるなど値動きが分かりやすい。パッシブとは受け身のこと。反対語はアクティブ運用。日本ではパッシブ運用として日経平均株価やTOPIX等の代表的なインデックスに連動した動きを目指すスタイルが一般的です。ファンドマネジャーがタイミングを見て売買したり、値上がりしそうな銘柄を選ぶアクティブ運用と違い、パッシブ運用ではファンドマネジャーの主観が入りません。ETFや株価指数連動型の投資信託が数多く設定され、個人投資家に高い人気を誇っています。パッシブ運用は銘柄選定の手間がかからない分、運用コストが安いメリットがある一方、かつてのIT株ブームのように限られた少数の銘柄が急騰する相場では、運用成績は市場平均(インデックス)並みとなります。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング