証券用語集日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)

日本の株式市場の動向を表す指標の1つ。「日経平均」とも呼ばれる。日経平均株価は日本経済新聞社が発表するもので、東京証券取引所第1部上場銘柄の中から選ばれた225銘柄の株価の平均を、株式分割などを考慮し調整して算出する。225銘柄には各業種を代表する銘柄が選ばれている。

用語の使用例

日経平均株価は日本経済の体温計と呼ばれる。企業業績や経済成長率の向上を考えると、今の水準は割安と判断できる。

もっと知りたい!

株式市場全体の値動きを示す指標を株価指数といいます。東京証券取引所の主要225社の値動きを反映する日経平均株価は株価指数として海外でも知名度が高く、「NIKKEI225」で通じるほどです。株価指数では、東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も有名な株価指数であり、NHKなどのニュースで日経平均とともに読み上げられ、両指数に連動するETFや投資信託も人気です。両指数ともにほぼ同じ動きを示しますが、JASDAQやマザーズに上場する銘柄の株価は反映されません。2014年に東証と日本経済新聞社が共同開発した株価指数「JPX日経400指数」は、東証1部2部に加え、JASDAQやマザーズ市場に上場する銘柄も算出対象になっています。

日経平均株価に関連する用語

日経平均株価に関連するページ


他の用語を探す

注目の用語