かんたんダイレクトTOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 オンライントレード
あんしん総合TOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

あんしん総合サービス 支店担当者からのアドバイスや投資情報の提供を受けながらのお取引や、オンライントレードやコールセンターもご利用いただける統合サービスです。

債券投資 デュレーション

デュレーションとは

  • 「短期債は長期債より相対的に値動きが小さくて安心だ!」というイメージがありませんか?これを数値で表現したものが「デュレーション」という考え方です。

  • 債券は、満期時には額面金額で償還されますが、途中期間は金利の動きにより債券価格は変動しています。では、どの年限の債券もどんな利率の債券も同じ値幅で動くのでしょうか?実際には、満期までの残存期間が長い債券や利率が低い債券ほど金利の動きによる債券価格のブレが大きくなります。逆に残存期間が短いものや利率が高いものほど金利の動きによる債券価格のブレは小さくなります。「デュレーション」とはこの価格感応度を年数で示したものです。

デュレーションの長短による違い

  • 下図のように、デュレーションが長い債券ほど金利の動きに対する債券価格の感応度は大きくなります。したがって、デュレーションの長い債券を保有していると金利が動いた時に大きな値上がりや値下がりの可能性が高く、デュレーションの短い債券は値上がりや値下がりの可能性が相対的に低くなります。

  • デュレーションの長短による違い イメージ図
  • ※上記デュレーションの説明はモディファイドデュレーションと呼ばれる考え方です。 また、対象となる債券は利付債であり割引債は該当しません。

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン

注目の情報

  • 10月1日オープン フィナンシャルギャラリーサカエチカ
  • 投資情報を動画でお届け 東海東京TV
  • ファンドランキング

ご質問やお問い合わせは以下からご相談ください。

カスタマーサポートセンターへお電話でお問い合わせ

フリーダイヤルにてお電話ください。
専門スタッフがご対応させていただきます。

フリーダイヤル 0120-746-104

[受付時間]
平日8:00~18:00、土曜日9:00~15:00
※日曜・祝日・年末年始休み

口座をお持ちでない方、FAQもしくは
メールでお問い合わせされたい方はこちら

  • 店舗案内はこちら
  • FAQもしくはメールにてお問い合わせする

金融商品等の取引に関するリスクと諸費用について

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。
手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。