相続手続き:相続の手続きを行うために

C-1相続の手続き

C-2手続きの流れ

お客さまに相続が発生した場合の、具体的な手続きの流れをご案内します。

ステップ1 お取引店へのご連絡

相続が発生しましたら、まずお亡くなりになったお客さま(被相続人)がお取引されていた[東海東京証券]の本・支店へご連絡ください。

お取引店への連絡方法等がわからない場合は、下記へご連絡ください。
カスタマーサポートセンター資料請求・お問い合わせダイヤル(0120-746-104)
受付時間:平日 8:00〜18:00/土 9:00〜15:00/日・祝・年末年始休み

ステップ2 [東海東京証券]から必要書類のご送付

相続手続きに必要な書類を当社からお送りします。

ステップ3 必要書類のご用意

遺言書、遺産分割協議書がある場合、ない場合等、お客さまの状況により必要となる書類が異なります。同封の「相続手続きのご案内」をご覧いただき必要書類をご用意ください。

ステップ4 必要書類のご提出

相続手続きに必要な書類をご提出していただきます。
ご提出いただいた書類に不備・不足等がある場合は改めてご提出いただくこととなりますので事前のご確認をお願いいたします。

ステップ5 相続手続き完了のご連絡

相続手続きに必要な書類がすべて揃い、ご資産を引継がれる方の口座へのお振り替えが終わりましたら相続手続きは完了となります。
ご資産をお振り替えさせていただいた方(被相続人等)にご連絡いたします。

C-3必要となる書類

東海東京証券でお預りしている有価証券等に関するご相続手続きに必要な書類は以下のとおりです。なお、内容により別途その他の書類をご提出いただく場合があります。詳細は取引店舗の担当者へお問い合わせください。

遺言書によるお手続き

1. 遺言執行者が設定されている場合

必要な書類 備考
遺言書
遺言者の除籍謄本 死亡が記載された住民票可
遺言執行者の印鑑証明書 発行から6ヵ月以内のもの
念書 最終作成の遺言書である旨の遺言執行者の念書
検認済み証明書 公正証書遺言以外の場合
遺言執行者を選任する書面 遺言書に遺言者が選任した遺言執行者の記載がない場合

2. 遺言執行者がいない場合

必要な書類 備考
遺言書
遺言者の除籍謄本 死亡が記載された住民票可
念書 最終作成の遺言書である旨の受遺者の念書
受遺者(相続人)の印鑑証明書 発行から6ヵ月以内のもの
検認済み証明書 公正証書遺言以外の場合

遺産分割協議書によるお手続き

必要な書類 備考
遺産分割協議書
被相続人の除籍謄本 死亡が記載された住民票可
相続人全員が確認できる戸籍謄本 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
(改製原戸籍を含む)など発行から6ヵ月以内のもの
相続人全員の印鑑証明書 発行から6ヵ月以内のもの

※「遺産分割協議書」の記載内容によって、別途「相続に係る合意書兼依頼書」(弊社所定用紙)をご提出いただく場合があります。

遺言書、遺産分割協議書によらないお手続き

必要な書類 備考
相続に係る合意書兼依頼書
被相続人の除籍謄本 死亡が記載された住民票可
相続人全員が確認できる戸籍謄本 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
(改製原戸籍を含む)など発行から6ヵ月以内のもの
相続人全員の印鑑証明書 発行から6ヵ月以内のもの